【弦交換について~エレキギター編②~】弦を素早くスムーズに、さらに安全に外す

前回は、弦交換に関する書き始めとして、
弦交換前の注意点と、使用する道具等について書きました。

【弦交換について~エレキギター編①~】弦交換で使用される道具,セッティングの注意点

2018年11月25日

今回からは、実際の弦交換の手順をみていきます。

※注意※
この記事では、テレキャスタータイプのギターを使って解説します。
尚、フロイドローズ等の、ロック式トレモロの交換手順は省かせていただきます。
ロック式は少し特殊な手順なので、別途記事を書いていく予定です。

~弦を外す作業の流れ~

まずは、古くなった弦を外す作業です。

  • ①弦を緩める
  • ②弦を切る
  • ③弦を外す

という流れで、弦を外していきましょう。

ちなみに、②で弦を切らなくても弦は外せますが、ブリッジ側で引っ掛かってしまって、弦を外しにくいのです。

切ってしまった方が断然スムーズに作業できます。

~①弦を緩める~

弦をしっかり緩めて、切った時に張力で弦が跳ね上がってこないようにします。

※そのまま切ると跳ね上がるので危険です、当たると痛いです、ほんとに。。

弦を軽くハジキながら緩めていって、完全に音にならなくなる位までは緩めた方が良いでしょう。

~②弦を切る~

しっかり弦を緩めたら、フロントPUの辺りで弦を切ります。

この時、レスポールのブリッジ(チューン-O-マチック)等、弦の張力が無くなるとブリッジが外れてしまうギターもあります。

※不用意に落としたりしないように気を付けてください。

~③弦を外す~

ブリッジ側に残った弦と、

ヘッド側に残った弦と、

それぞれを外します。

途中で弦を切っているので、
ブリッジ側はスッと抜けますし、ヘッド側はペグに巻きついた部分を外しやすいかと思います。

しかしながら、切断した弦はとても鋭利ですので、注意して作業してください。

※指とか刺すと、しばらく続く地味~な痛みに耐えなきゃいけません。。

~弦を外し終えたら~

さて、古い弦が外れました。

普段はあまり気付かないような、チリやホコリや汚れが、指板やPU周りに散見されるかと思います。

指板の汚れはどんどん蓄積しますし、細かいホコリは金属パーツの錆の原因になります。
細かいホコリが湿気を吸って、金属の錆を加速させてしまいますから。

弦がない状態は絶好のお手入れチャンスなので、是非ともお手入れしてください。
※お手入れやメンテナンスの記事も、後々書いていきます。

前回紹介したお手入れ道具を使って、
指板のお手入れ、弦との接点の清掃や潤滑、弦があると手の届きにくい部分の清掃など、ですね。

次回は・・

では、
弦を外し終わったところで、この辺りでいったん筆を置こうかと思います。

次回は、いよいよ新しい弦を張る作業です。

【弦交換について~エレキギター編③~】弦交換の流れ・やり方,弦の個体差で良い悪い?

2019年2月11日

弦を張る際には、是非とも+αしていただきたいポイントが幾つかあります。
自分で言うのもなんですが、次回からは要チェックです。

では、今回はこの辺で!

by Akimaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)