【エフェクターを使いこなす】~歪み系③~僕自身の歪み系エフェクターの使い方(前編)

<前記事>

【エフェクターを使いこなす】~歪み系②~歪み系エフェクターの種類

2020年6月15日

こんにちは、Akimaruです!

前回は、
歪み系エフェクターの一般的な3分類(種類)について、
その特徴と主な使い方、代表機種をご紹介しました。

今回は、僕自身がこれまで、
どのように歪みエフェクターを使ってきたのか、
簡単ではありますがご紹介していきます。

もし、
あなたの音作りへの何らかのヒントを得ていただけたら、
とても嬉しく思います。

これまで使用してきた歪みエフェクター

まず、
これまでに所有・使用してきた歪み系エフェクター、
ザッと書き出してみます。
(※時系列順)

  • BOSS『OS-2』
  • BOSS『OD-1』
  • MAXON『OD-808(Small Box)』
  • Ibanez『TS-9』
  • JimDunlop『JH-F1』
  • ProCo『RAT(1986’s)』
  • ROGER MAYER『VOODOO-1』
  • Psychederhythm『チョコとボング(白)』
  • ProCo『RAT(1985’s)』
  • Fulltone『OCD(v1.7)』
  • OM Laboratories『Sahasrara Overdrive(プロトタイプ)』
  • One Control『Persian Green Screame』
  • JimDunlop『EJ-F1』

ギター弾きとしては、多くもなく少なくもなくでしょうか。
現状、まだ所有しているのは、斜体で記載しているモデルです。

しかしながら中には、
手放してしまったモデルで、またぜひ手に入れたいモデルも・・。
当時より高価になっていたり、タマ数が少なくなっていたりしますが。

初めてのエフェクターはBOSS

初めてエフェクターを買ったのが中3の時、
BOSS『OS-2』を手にいれました。

ギター歴も1年ほどの頃、自宅用の10Wのアンプに繋ぎ、
初めての歪みエフェクターに感動したのを覚えています。

この『OS-2』
オーバードライブ~ディストーションへ、
歪みのキャラクターを可変できる一風変わった機種で、
1粒で2度美味しい。

今考えると、初心者にはうってつけ

単独で歪みサウンドを作るのにも十分で、
フルチューブのアンプを手に入れるまで、
『OS-2』で全ての歪みを作っていました。

あれから、もう20年ほど経ちますが、
今でもBOSSペダルのラインナップに残っている『OS-2』

それも納得のできる一台だと思います。
BOSSならではの扱いやすさですので、
特に、初心者の方にお勧めしたいモデルです。

>>BOSS『OS-2』公式ページ<<

≪次ページ:ブースターとして使用し始める…≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)