【ギターソロを弾こう~チョーキング編②~】基本フォームとやり方のコツ,良いビブラートのために

前回は、チョーキングの概要を書きました。

→【ギターソロを弾こう~チョーキング編①~】←

今回は、チョーキングに関するコツや注意点を書いていきます。

まずはフォームに関して。

前回も書いた通り、まずはロックスタイルの握り方の基本を、しっかりと押さえておいてください。
なぜなら、良くないフォームでは、弦を押し上げる/引っ張り上げる際に、色々な弊害が出てきてしまいます。

・無駄な力が必要となり、手を痛める
・チョーキング時の音程が安定しない
・押弦が甘くなり、か細い音のチョーキングになってしまう

これらは、初心者~中級者の方に多く見られます。

では、実際にチョーキングする際のコツや注意点です。

弦を押し上げる手の動きは、丸いドアノブを回す感覚に似ています。


(※こういう丸いドアノブを回す感じです↑)

そう、腕の回転を使うのがコツです。

弦を押し上げるといっても、単に縦方向の力で押し上げるのではなく、回転させる力で押し上げる感じです。


(※この向きの回転、手のひらを表裏する時にクルクル回す回転です↑)


(※良くない動きの例、指を押し出すような縦の動きは良くないです↑)

なぜ、回転する力を使うのか?

その理由は、回転運動には“軸”があるので、腕~手の全体が安定します。


(※しっかりとしたロックスタイルのフォームで構えましょう↑)


(※さっき書いた腕~手の回転を使うと、こういう弦の押し上げ方になります。ガッチリ安定しています↑)


(※指を押し出す縦の動き。回転を使った写真と比べて、指が伸びてしまっていますし、グリップのガッチリ感も低いです↑)

また、中指でのチョーキングでは人差し指を、薬指でのチョーキングでは中指(+人差し指)を、それぞれ添えてあげると、指への負担が小さくなり、さらに安定します。


(※中指でのチョーキング。人差し指を添えています↑)


(※薬指でのチョーキング。中指と、場合によっては人差し指も添えます↑)

前記事で細かく説明しましたが、チョーキングは弦を押し上げて音程を変えるテクニックです。

普通の押弦だとフレットが音程をとってくれますが、チョーキングは正確な音程を左手の感覚に頼る部分が大きいのです。

左手(腕)が安定していないと、左手の感覚も安定しませんから、結果として、とっても音痴な演奏になってしまう恐れがあるのです。
それは、チューニングの合っていないギターの演奏を聴くのと同じようなものです。

特に、前回ご紹介した“アップ・チョーキング”などは、チョーキングした状態にしてからピッキングするので、音程は100%左手の感覚が頼りになります。

指の力、手首の力だけに頼ったチョーキングは、後に派生させたテクニックを習得する際にも、大きな障害となってしまう恐れがあります。

例えば、、後ほど紹介する“ビブラート”というテクニックにも悪影響が出てしまうでしょう。

特に、ロックやブルース、それから日常耳にするポップス等で多く使われる、エレキギターによるリード(ソロ)プレイのビブラートは、小さなチョーキングを繰り返して音を揺らします。

チョーキングの基本を疎かにしてしまうと、音程や音の揺らし方が不安定になりやすく、音痴な印象を与えてしまいます。
聴いていて心地良いビブラート、格好いいビブラートは、身につけるのが難しくなってしまうでしょう。

個人的なことですが、僕自身、良いビブラートを身につけようと練習をしていた際、チョーキングの動きから見直すことになり、癖の修正に長い期間を費やしました。

毎日1時間、正しいフォームと音程の、チョーク・アップ/チョークダウン。
これを、ひたすらゆっくりなスピードで繰り返していました。
悪い癖がギリギリ出ないスピードで毎日繰り返し、少しずつスピードを上げていきました。

そして、良いビブラートを実現できた自身のプレイの録音を聴くと、以前とは比べものにならないほど、表情豊かで心地よいビブラートになっていました。
その時の達成感は、今でも忘れられません。

チョーキングはフレットによる音程の制限から、プレイヤーを解き放ってくれるテクニックの代名詞です。

歪ませたギターサウンドの洗練されたチョーキングは、まさに“突き抜ける”サウンドですよね。

しっかりと基本を押さえて、格好いいチョーキング、聴き手の耳を奪うチョーキングを身につけてください。

さて、次回はチョーキングについての最後、譜面上の表記のされ方や、さらに細かい点にも触れていきたいと思います。

→【ギターソロを弾こう~チョーキング編③~】←

では、今回はこの辺で!

by Akimaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)