【リズム感を良くしよう~ウラ拍の感じ方~②】言葉の違いによるリズムの取り方の変化

前回、ウラ拍の説明と、日本語に潜むリズムの特徴をご紹介しました。

→【リズム感を良くしよう~ウラ拍の感じ方~①】←

今回は、その続きとして、英語のリズムの特徴を。
そしてそれを踏まえて、単にウラ拍を意識するだけでなく、ひと味違ったウラ拍の捉え方・感じ方をご紹介します。

まず、前回ご紹介した日本語のリズムの特徴は、
「オモテ拍の後に、ウラ拍がくっついてくる」
というものでした。

では、英語はどうなのか?

単純に言うと、日本語と逆になります。

「ウラ拍の後に、オモテ拍がくっついてくる」

これが英語のリズムの特徴です。
とはいっても、パッとしないと思うので、

・Hello!!
・How are you friend?
・Have a nice day!!

この3つを、前回のように音符に当てはめてみましょう。

英語のリズム「Hello」
英語のリズム「How are you friend?」
英語のリズム「Have a nice day!!」

こんな感じです。
もちろん、オモテ拍から発音することもありますが、ウラ拍の後にオモテ拍というフィーリングは変わりません。

・・ちょっと興味本意で、
「こんにちは」という日本語を、英語のリズムに当てはめてみましょう。

英語のリズムで「こんにちは」

この通りに発音すると、外国の方が話されるような、カタコトな「コンニチハ」のイントネーションになります。

日本語も英語も、オモテ拍にアクセントがあるのは同じです。

しかし、

オモテ拍とウラ拍の関係性の違いは、言葉のイントネーションを大きく変えてしまうほどなのです。

これは、見逃すわけにはいかない要素ですね。

言葉に関する記述はここまでにして、音楽的なリズムの話に戻りましょう。

ここまで書いてきたように、英語のリズムは、ウラ拍の後ろにオモテ拍がくっついてくるフィーリングです。
図解にして、日本語のリズムと比べてみましょう。

オモテ拍とウラ拍を1セットとして考えたとすると、上図のような違いになります。

次に、いきなり楽器を演奏するのではなくて、普段聴いている楽曲を、英語のリズムのフィーリングを意識しながら聴いてみると良いでしょう。
それだけでも、そのフィーリングが体にしみ込んでいくと思います。これは、電車の中などでもできますね。

そうやって楽曲を聴いてみると、いつもと違った感覚になるはずです。
とても生き生きとした、躍動感あるリズムとなって感じられると思います。

簡単に言うと、日本語のリズムではブツブツ途切れるようなフィーリングだったリズムですが。
英語のリズムでは音符と音符がつながって円を描き、滑らかに転がっていくようなフィーリングに感じられるでしょう。

そして楽器を持って、そのフィーリングを音で表現できると、聴き手にも一味違ったリズムを感じさせ、グルーヴ感溢れる演奏に近づけるはずです。

いかがでしたか?

次回はギターソロに関する内容に戻り、代表的なテクニックをご紹介していきたいと思います。
特に初心者の方は各テクニックのコツや注意点をおさえ、良くない癖がつくのを避けていただければと思います。

まずは、エレキギターの代名詞ともいえるテクニック『チョーキング』に触れていきます。

→【ギターソロを弾こう~チョーキング編①~】←

では、今回はこの辺で!

by Akimaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)