【Gibson/BURST BUCKER TYPE3 [ZEBRA]】コイルタップ可能な、4芯/Pottedモデルの存在を知らなかった・・、発見して即買いしちゃった件!

こんにちは、Akimaruです!

私が独断と偏見でお届けする、ギター雑記のコーナー

この記事を読んで、あなたのギターライフに少しでも楽しさを+αできたら嬉しいなぁ、
そんな想いで綴っております。

今回は、エレキギターのPU(ピックアップ)に関するお話。

「これ、良いじゃん!」て思ってからポチるまで、2秒でした(笑)

ハムはやっぱりGibsonの音が好き

このサイトでギターの記事を書き始めて以来、ギター熱が再発し、その体温はどんどん上昇中の今日この頃。

気に入っているディンキーSTタイプリアPU、音色が好みではないのです・・。

【ESPネック+不明ボディ 謎のディンキーSTタイプ】
数年前にヤフオクで入手

フロントPUはもともとDuncan/SSL-4Tが載っていて、タップも出来るし不満無し。

センターPUはトムアン製の、これもタップできるモデルが載っていましたが、音色が好みでないのでRAW VINTAGEに交換。

RAW VINTAGEのPU買ったら、まさかのPUカバー付いてないじゃん!
ってことで、Duncanのロゴが入った黒いカバーを被せてます(笑)

そして、今回のリアPU

SSHの配列なので、ハムバッカーが載ってるわけですが、これもトムアン製が載ってます。
(やたらトムアンPU載ってるから、ボディはトムアン製か?ん~・・。)

流石はトムアンって感じの、まとまった良い音のPUなのです。
リアPUは歪みで使うことが多いのですが、
歪みの粒は細かめで、整った綺麗なディストーションを出力してくれます。

食べ物に例えるなら・・、
とても舌触りが良く、上質な甘さをもった“こしあん”の大福を食べてるイメージ。
はい、とても美味しゅうございます。

しか~し!!

大福もハムバッカーも、私は“粒あん”の方が好きです!

あ、アンパンも粒あん派です。

ハムバッカーの音、特に歪みでいえば、
ガーンとピッキングするとバーンとパンチの効いたアタックとコシのあるサスティーン。
リフを刻むとグリグリえぐり込むような主張の強さ。

擬音だらけの表現ですが、そんな音が好きです。
でも、現代風なやたらとハイパワーな音も違うのです。

と、いうことで、前々から気になっていたのが、

Gibsonのバーストバッカー

高校生の頃、B’zの松本さんにハマっていた私は、彼モデルのGibsonレスポール(最初のイエローのやつ)が欲しかったが高価で買えず。
当時はそのギターに載ってるPUが単体で売っていて、それだけ買ってレスポールスタジオ(当時一番安かったGibsonレスポール)に載せておりました。

そのPUはバーストバッカーをベースに作られた松本さんモデルで、交換前のPUとは全然違うキャラクターでかなり好み、その音がとっても気に入っていました♪

それから数年後、3シングルのストラトをメインで使用するようになり、そのレスポールも手放してしまい、10年近くハムバッカーPUとは縁のないギターライフを過ごしていきます。

ただ、やはりロック系の歪ませたリフで欲しくなるのは、やはりハムバッカーPUのサウンド!

【Fender C/S のストラト】
トーンノブを引き上げると、
ハーフポジションで2つのPUが直列接続になり、
疑似的にハム・サウンドが出るように改造してた。

だんだんとSSHのストラトに、使用ギターがシフトしていくのでした。

最初はストラトにハムバッカー載ってるだけで満足してましたが、段々とその音に物足らなくなり、高校生の頃にレスポール掻き鳴らしてたサウンドを思い起こすようになります。

しかし、
もう絶版となっている、例の松本さんモデルのPU・・。

それなら、そのPUのベースになっている、バーストバッカーを載せてみよう!
と、なったわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)