【Fuzz Face~Eric Johnson signature~】生産終了だからとポチった件。

【エフェクターを使いこなす】そもそも、エフェクターとは?・・エフェクターとの向き合い方を考える

2020年1月1日

“FuzzFace”といえば、古くから有名なファズ・ペダルですよね。

その中で、JimDunlopから発売されている、Eric Johnsonシグネイチャー・モデル
いつか欲しいと思っていましたが、いよいよメーカーHPに「生産完了品」との表記が!!

仕方ないので、新品が買えなくなる前に、即ポチって!!我が家に迎え入れました(; ・`д・´)!!

とりあえず、いつも泣き笑いしてるコイツ。

ご紹介していきます!

FuzzFace / Eric Johnson signature model

Fuzz Faceってなに?

“FuzzFace”は、かのJimi Hendrixが使用していたことでも有名な、定番のファズ・ペダルです。
これまで幾度と中身の変更はされながらも、「これこそ、FuzzFaceのサウンド!!」という個性は今でも健在!

FuzzFaceのサウンド面、大きな特徴としては、ギター側のボリューム操作で顕著に音色が変わることが挙げられます。
ボリュームを絞ったときの、通称“鈴鳴り”と呼ばれるガラス細工のようなクランチ~クリーンは、FuzzFaceの魅力の1つです。

Jimi Hendrixと、足元に赤いFuzzFace。
JimiのLive盤(Woodstockフェスティバル)では、
ギターVolの操作による音色の変化を聴ける。

そんなFuzzFace
Jimi Hendrixが存命の頃の60年代ヴィンテージ物は、今ではかなりの高値で取引されていますね。

最近では、“FuzzFace Mini”というシリーズも発売されていて、こちらは通常のFuzzFaceの難点(電池駆動のみ,ON/OFFのランプ無し,大きくてボードの場所をとりすぎる,等)を改善しています。

FuzzFace Mini

Eric JohnsonとFuzz Face

世界的に有名なギタリストであるEric Johnson氏も、かのJimi Hendrixに大きな影響を受けている1人です。

彼のギタリストとしてのキャリア、その足元には必ずこのFuzzFaceがありました。
それは、彼にとって初めてのファズ・サウンドが、Jimiのファズ・サウンド(FuzzFace)であることが理由の一つでしょう。

ペダル購入時に添えられていた冊子より、Ericのコメント。

また、FuzzFace無しでは得られない、“ヴァイオリン・トーン”と呼ばれるEricのギター・サウンド。
Ericのトレードマークともなっているそのギター・サウンドは、FuzzFaceの特性を生かした素晴らしいトーンです。

ヴァイオリン・トーンの誘惑

かくゆう僕、Akimaruは、
Ericの“ヴァイオリン・トーン”を10代の頃に初めて聴き、すぐに魅了されてしまいました。

そのトーンにFuzzFaceが重要な役割を果たしていると知ったのは、まだあとの事なのですが・・。
そのサウンドは、いまだに僕の中で憧れてやまないトーンであり、僕の1つの基準にもなっているトーンです。

FuzzFaceの音が潰れるような特性を逆手に取り、ピッキングのアタックによる刺々しさを抑える。
そして空間系ペダルを加えて生み出されるのは、類を見ないほど滑らかで心地よいドライブ・サウンドなのです。

今回手に入れた、EricモデルのFuzzFace
これは、本人が所有するヴィンテージのFuzzFaceの音を狙って開発されたもの。

それが生産中止になる。
(貴重なトランジスタをハンドセレクトで使用しているからなのか・・)

そりゃあ、
Ericのファンなら、すぐにポチって当然!!

ですよね・・?(笑)

言い訳して我が家に迎え入れ、
今日もニコニコ、一緒に遊ぶ日々なのでした~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)