【MONGOL800(モンパチ)】ギター&ボーカルの儀間崇(ぎまたかし)さんが脱退!その理由は?今後のライブはどうなる?

儀間崇さんの使用ギター

モンパチが『MESSAGE』を大ヒットさせた頃、僕は高校生だった世代です。

彼の使用ギターから、実は僕自身、大きなキッカケをいただいた経緯があります。

ギター少年が得たヒント

高校時代、僕はギターにドハマりしていた頃で。
一晩中ギターと女の裸で盛り上がってたアイツ、・・っていうような、そんな感じの懐かしい青春時代。

(※このワンフレーズでピンときたアナタ!きっと気が合いますね!
重いマーシャルも運んでいましたよ!笑

当時の僕はGibsonレスポール・スタジオ(安いやつ)を弾いていたのですが、Fenderストラトキャスターの扱いやすさとキレのある音色に惹かれ、ストラト(フェンジャパ)に持ち替える過渡期の頃でした。

Gibson/レスポール
Fender/ストラトキャスター

しかしながら、レスポールのパワフルな音色も捨てがたい・・。

そんな風に考えていた時、バンド雑誌で目にしたのが、ステージで演奏する儀間崇さんの写真!

彼が弾いていたのはストラトキャスター(メーカー覚えてない)だったのですが、俗に“SSH”と呼ばれる配列のPU(ピックアップ:弦の振動を拾うマイクのようなもの)のストラトキャスター!!

高校生の僕は、「これだ!!」と引き付けられたのをよく覚えています。

僕はその影響もあって、今ではSSH配列のストラト・タイプのギターをメインで使用しています(^^♪

Akimaruのメインギター/SSH配列
ギター真ん中の、
ボツボツの付いた黒いパーツがPU(ピックアップ)

【Gibson/BURST BUCKER type3へ、リアPU交換作業】ついでにSSHの悩みどころ、Volポット抵抗値について考える

2019年7月10日

儀間崇さんのギターは

僕が雑誌で見た写真で、儀間崇さんが持っていたギターのメーカーは覚えていませんが。

ストラト系だと、Fenderのものや、サドウスキーのものなど、メーカーは違えどSSH配列のPUのものを好んで使用されているようです。

そして、レスポール系のギターを演奏されているライブ写真も、よく目にします。

モンパチのサウンドからして、やはりハムバッカーPU(パワーがあり、甘く太い音が特徴)がバンドに合うのでしょう。

モンパチの今後の活動

モンパチの今後は、ギターにサポートメンバーを加え、
ベース&ボーカルの上江洌 清作さん、ドラム&ボーカルの髙里 悟さん、2人での活動を続けられるようです。

僕は幸運にも、今年の8月10日に行われるアサヒビールpresentsの“KANPAI JAPAN LIVE 2019”、このチケットが当選しまして。

ここにモンパチが出演されます。

当選!当選!!アサヒビールpresents【KANPAI JAPAN LIVE 2019】(カンパイジャパンライブ2019) 出演は、福山雅治・BEGIN・MONGOL800・OKAMOTO’S、メットライフドーム(西武ドーム)にて。

2019年7月13日

儀間崇さんの脱退後なのは悔やまれますが、このライブのオフィシャル・ページには、「ギターにサポートメンバーを加え・・」との記述があります。

当日は、僕の青春の中に存在するモンパチの名曲たちを、たっぷりと味わって来ようと思います。

MONGOL800の今後の益々のご活躍と、

儀間崇さんの新しいスタートを、

心から応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)